アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

着物を持つ人が少なくなった現代

かわいい着物

二昔前ほどは成人式や結婚祝いなどで着物を仕立てるのが日本では通常でしたが、現在は持っていて自分で着付けが出来る人でも、ほとんど着ていないという人が大多数なものです。
買った時の金額だけでなく、家の伝統、格式高いものなので簡単に手放してはいけないという心情が根強いものなので、多くの人がなかなか和服を手放せない理由になっています。
また、自分のでなくて、親の遺産の和服を手放せないでいるという人も少なくありません。
近年は持ちものをなるべく少なくして身軽に暮らすことのメリットが見直され、片付けや断捨離の本が売れています。
自分には不要でも価値のあるものは買い取ってもらうことも、多くの人が実施しています。
不要な着物は専門業者に買取してもらう手段があります。
貴金属やブランド品に並び、和服の買取業者は古くからあります。
また古着屋中古品を買うことにも抵抗が無くなって来たため買う人も多くなったので需要が一定数あります。

必要とする人の元へ

着物の買取額は、購入した値段と比較すると、非常に低いものとなっているのが通常です。
数十万、数百万する和服でも二束三文になってしまうことがネックでとても売れない、手放せないという人が多いのも特徴であります。
しかし、元々和服は反物の状態が一番高額で、仕立てた時点でその人のものになるため格段に値打ちが下がるものなのです。
質がそのまま値段に反映するとは考えないことです。
買い取られた着物はクリーニングされ、若い世代向けに低価格で販売されます。
和服には振り袖や留袖などの形、色や柄で着る世代が限られるものです。
まだきれいだからといっても自分が歳を取れば着られなくなります。
細かい時代の流行もあって、子供にあげようとしても好みもあるので押し付けることにもなり難しいものです。
それよりは、買い取りの値段が低くても、必要な人に有効に使ってもらえると考えれば納得がいき、業者に買い取ってもらうことを選んでいる人も多くなっています。

オススメリンク

鮮やかな色

遺品がお金になることも

現在、遺品の整理を業者に任せる人が増えてきました。
業者に任せることで、作業時間はかなり短縮され、労力はかなり減ります。
そして必要に応じて買取をしてもらうこともできます。Read more

弾丸を持つ

遺品整理の大変さ

大切な人が亡くなり、慌ただしく葬儀などを終えるとひとまず落ち着きますが、次にすべきなのは遺産・遺品の整理です。
生前のうちに故人が自分で整理をしていると、残された人にとっては気持ちは楽でRead more

関連リンク